東部開発の1年

東部開発の1年を1月から順にまとめました。ざっくりと紹介します。

1月

外はいよいよ冬本番ですが、春の準備に向けて、東部開発はもう動き出しています。

今年はどの農地で何を作付けしよう?品種は何にしよう?(※弊社は山形県のブランド米である「つや姫」や「雪若丸」をはじめ、「はえぬき」や「コシヒカリ」など多くの品種を扱っています)

作業のスケジュールや分担はどうしよう?機械や設備の導入計画、圃場の整備はどうしたらよいだろう?

・・・決めないといけないことは盛りだくさんです。

 

 

2月

連日の寒さが時折ゆるみ始めると、春の準備もいよいよ大詰めです。

種もみや土、資材の発注、機械の購入、スケジュールの確認・・。

行政やJAや取引先などとも打ち合わせをし、しっかり固めていきます。

 

3月

いよいよ稲作の準備が始まります。

育苗ハウスの建設、種もみの消毒や芽出し、大型の播種機を使った播種作業(※)・・・

苗は苗箱で数千枚にもなるため、苗の運搬にはフォークリフトも活躍します。

 

また、圃場に出るトラクターや田植え機など、機械の準備も大詰めです。


(※はしゅ。たねまき。)

4月

元気な苗を育てることは、1年の収穫を左右するとても重大な要素です。天気や気温に気を付けて、播種作業後も慎重に苗の管理を続けます。

 

また圃場では、水路の点検、畔塗り(※)などの圃場整備、耕耘(こううん)、代掻き(しろかき)が始まります。それぞれ違うアタッチメントをつけたトラクターが最大6台、それぞれの圃場に入ります。

 

(※くろぬり。もしくは、あぜぬり。田んぼを取り囲んでいる土の壁に土を塗り付けて、割れ目や穴をふさぐこと。)

5月

いよいよ田植えです。代掻きまでが終わり、水がはられた田んぼに、今度は田植え機が入っていきます。

無事に元気に大きくなれ!みんなの願いは一つです。

6月

50町歩(ちょうぶ)の田んぼの田植えがようやく終わります。

早苗饗(※)でお祝いです。

 

また、「おそば」もいよいよ作業開始です。主にトラクターを使って、圃場の整備、草刈、播種作業を行います。

 

(※さなぶり。田植えが終わった後のお祝いのこと。)

 

7月

田植えが終わった田んぼは、水管理が重要です。圃場を見回り、稲や田んぼの状態を確認します。

 

また、草が伸びた畔を草刈をして整備したり、

稲が病気にならないよう、ドローンやラジコンボートを使用して、農薬を散布していきます。

 

8月

稲穂は青々、ソバ畑は芽が出てきました。

 

会社は盆休み。

連休前には、例年バーベキューなどで春からの労をみんなで労います。

9月

東部開発はおこめとお蕎麦が中心なのですが、例年受注に合わせ、大根も作っています。

耕耘、種蒔き、間引き、収穫。ちょうどお米とおそばの合間に作業をします。

10月

ようやく1年の集大成、お米の収穫の時期を迎えます。

コンバインの出番です。

 

稲穂の状態は目でもわかりますが、

実際の収穫量や品質は、収穫して機械にかけてみないとわからないところもあります。収穫初日はドキドキです。

11月

米の収穫作業が最盛期を迎えます。

乾燥まで終わったお米をトラックに積んで、出荷先へ運びます。連なるトラックに、感慨も一塩です。

 

また、おそばも収穫作業をしていきます。外部からの受託分も含め、約80町歩(ちょうぶ)を専用のコンバインで刈り取ります。

12月

収穫の集計や報告作業、機械や設備を片付け、積雪ヘの備えもします。

 

また、1年を振り返りみんなでミーティングをします。気づいたことを話し合い、課題を共有、来季への活動計画に繋げます。

 

外は雪景色です。

弊社は豪雪地帯にあるため、冬は除雪も行います。農作業で活躍した「重機」や社員の「技術」が、町の人々の暮らしを守るため、冬場も活躍します。